スーカラマッタヴァ

一度見たならば忘れられない、この存在感。


誰もが知ってるキャラクターって、、、知らない?


あっそう。  じゃあ、ちょっと紹介します。


手塚治虫の漫画作品には欠かせない名バイプレイヤー。


名前を「ヒョウタンツギ」と申します。


体がヒョウタンのようで、鼻がブタ鼻で、体に継ぎはぎしていて


いつも口からガスを吹いてる、そんなキノコなんです!


キ、キ、キ、キノコなのー?


そうです、キノコです。(現在、一般的にはキノコと言うのが定説


となっているようです。他にも海洋生物とかポルターガイストなんだ


とか、宇宙人説、仙人だったとか色々、憶測が絶えません。)


じゃー、このヒョウタンツギがどうやって生まれたか?


それは



            少年時代の手塚治虫氏の妹さん美奈子さんが、兄弟でいたずら書きをしていた際に

           

           生まれたキャラクターがこのヒョウタンツギなのです。


           その後、治虫氏も色々おもしろキャラ(スパイダーやブタナギ、ロロールル、ママー、ブ   

           ツグギツなど)を考えたのですが、このヒョウタンツギを超える怪キャラクターはできな


           かったそうです。


           美奈子さん凄い!

そこでブログのタイトルの「スーカラマッタヴァ」ですが、名作「ブッタ」のなかで晩年


のブッタが農家で世話になり、そこで出されたキノコ料理を食べたことで食中毒で


亡くなることを(仏典ではスーカラマッタヴァのことである。キノコ説と豚肉説がある)


劇中のキノコがまさしくヒョウタンツギなのである。


それではヒョウタンツギ・グッズを紹介します。  ヒョウタンツギ