己を貫くアンチヒーロー


嫁、子供を悪党に嬲り殺され、復讐に燃える男


こいつが映画「MAD MAX」のマックスだ!


トゥーカッター一味をとことん追い詰めて


己の復讐のために命を燃やし、成し遂げる。


復讐のためなら全てをも犠牲にする、その精神は


現代の社会に置き換えても見習うべきものが多いです。


新作、フュ-リーロードも楽しみです。

(C)Warner Bros.                                   


そう、そして復讐もので思い出すのが


MARVEL COMICSの「The PUNISHER」。


原作によると元海兵隊の軍人で、舞台はニュー・ヨーク


やはり、嫁と子供がギャング同士の抗争に巻き込まれ


流れ弾により殺され、その復讐のために悪党たちを


容赦なく次々と殺していくという、MARVELにしては


異色のコミックとなり、当時のNYは犯罪率も高く多くの


読者に支持されたようです。

                                                                                      (C)MARVEL COMICS

パニッシャー=死刑執行人 は普通の人間であり、元海兵隊だったというところだけで、悪党どもと戦うと言う設定。


過去にDC COMICSのバットマンと競演した際に、バットマンも普通の人間でパニッシャーと同じく身内を悪党に殺されるという過去を持ち共感


していたのだが、バットマンは悪党でも極力、殺さないで確保し警察に付渡すやり方であるが、パニッシャー(フランク・キャッスル)はとことん追


い詰め必ず殺す、冷血無残なアンチ・ヒーローだったために、意見が会わず仲たがいした。


どちらが正しいか、それは自分で判断するしかないであろう。      PUNISHER

今までに3本もの実写映画が製作公開されている。FOXTVでも実写ドラマが現在製作中となっています。