WHAT'S POCARI SWEAT!?

 

ポカリスエットと言えば1980年に大塚製薬から発売された、飲む点滴と呼


ばれるほど人間の体液に近い組成と浸透圧の日本初のアイソトニック飲料


である。発売からすでに30年以上が経ち、通称「ポカリ」でどういう成分であ


んな味というのが理解している我ら日本人であるが、外国人から見るとそ


のネーミングに違和感を持つそうだ。観光客(特に英語圏)がまず日本にき


てビックリするのが路上のあちこちで見る自販機だそうだ。まず、飲料だけ


ではなく色んな種類の自販機があるのが不思議でしかたないらしい。

その自販機の中に、不思議な飲み物を見つける。それが「ポカリスエッ


ト」。英語に直訳すると「ポカリの汗!!」日本人は好んでポカリという奴から


抽出した汗水を飲んでいるのか!オエーということらしい。欧米人には


SWEATと言ったら汗だから、商品名に付けるなんて考えられないであろ


う。なんと既にハワイ、サイパン、グアム、そして英語圏のシンガポール


でも同じ名前で売られているらしい。まあ、ネットでは飲んだことのある外国人が「全然イケル!」とか「日本版ゲータレード」とか評価はまあま


あのようです。


そこで本題ですが、スエットといえば日本ではSWEAT=汗とは連想する人は


割りと少ないんじゃないですかね?日本だとスエット=トレーナーでしょうね


ー。またトレーナーというのは和製英語でトレーニング時に着用するジャージ


素材のようなもののことをトレーナーと呼んだのが始まりらしいです。スエッ


ト、スウェットとは本来、生地の事を指すようで汗を吸収する素材だからスウ


ェット・シャツとなったみたいです。SWEATER(セーター)も同じ意味を持つよ


うで1800年代のスポーツ選手がウール素材の収縮のある素材を着てたとこ


ろ汗を吸収すると言うことでセーターとなったようです。


そんなスウェット商品をご紹介します。