失われた時を求めて


フランスの文豪マルセル・プルーストの代表作「失われたときを求めて」とういう


長編作品があります。 その文中に主人公がマドレーヌを紅茶に浸して食すると


その香りに導かれ、自身の幼年時代を思い出すという描写があります。


つまり、人間の五感のひとつである嗅覚により、匂いを嗅ぐことによって脳に直接


影響を与える事を、プルースト効果またはプルースト現象と呼ばれております。


嗅覚以外の視覚、聴覚、味覚、触覚は他の神経等を経由して脳に信号を与える


のだが、嗅覚はダイレクトに脳に伝えるため、1番強く記憶に敏感らしいそうです。


「におい=思い出」  各学会や論文などでも証明されているように、においが記憶


の想起に大きな助けになっていることは実験済みである。 


人間にとってにおいって大切ですね。においだけでヨダレだって出ちゃいますもんね。


                                 においに関わる商品