マーベラー、チェンジ!レオパルドン!!


日本版「スパイダーマン」通称、「東映スパイダーマン」は


1978年(昭和53年)5月17日~1979年(昭和54年)3月14日に


かけて全41話を東京12チャンネル系にて夜7時30分ー8時の


時間帯で放送された。


本家MARVEL原作版とはスパイダーマンの見てくれのみが同じで


設定は大幅に違っている。というか別物に仕上がっている。


なんとスパイダーマンの設定、巨大ロボ、悪役の構成などなど


この後に続く、東映戦隊シリーズに継承されていくのである。

アメリカMARVEL COMICS社と東映との3年間のライセンス契約は


お互いのキャラクター及び作品を、ぶっちゃけるとどう使おうと


関知しないぐらいの勢いで締結したので、独特の原作にはありえな


い作品ができたのである。興味のあるかたはDVDも出てますので


そちらを!その時、東映側はスパイダーマンとバトルフィーバーJの


2作品を制作しました。


このバトルフィーバーJがアメコミ原作とは思いませんよね~?


                                    (C)東映


一方のMARVEL側はなにを製作したのか?興味ありますよね?


MARVEL COMICSは1979年~1980年の間、東映アニメの「惑星ロボ ダンガードA」、


「超電磁ロボ コン・バトラーV」、加えて東北新社製作の「勇者ライディーン」をチームとした


「SHOGUN WARRIORS」というタイトルの宇宙でロボットが活躍するコミックを全20冊を刊行している。


アメリカでも当初はそこそこ人気で、日本でいう超合金のおもちゃやジャンボマシンダー・シリーズも


輸出しMATTELで販売された。その辺のおもちゃは後のトランスフォーマーなどに続くのである。


(C)MARVEL COMICS


やばいっすねー!


こういうのにトキメクのは男子だけなんでしょうね??


まぁ、中野ブロードウェイの「まんだらけ」にくれば色々


ショーケースに並んでますよ!


ついでにBLOX店舗までいらしてくださーい!!(笑)




スパイダーマンのグッズ