ウルトラマンジャック!?

 

ウルトラマンジャック!?

 

1971年~1972年 TBSで放送された円谷プロ製作のウルトラシリーズ

 

「帰ってきたウルトラマン」は放映時は、「新ウルトラマン」、「新マン」、「帰りマン」、

 

「ウルトラマンII世」などと呼ばれ、普通に「ウルトラマン」とも呼んでました。

 

第一期のウルトラマン、ウルトラセブンが変身する際にツールを使うのに対して

 

変身ツールは無く、危険が迫ったときなどにウルトラマンと郷秀樹(郷ひろみの郷と


西条秀樹の秀樹の合体というのは噂らしいです。)の意思が一緒となった時のみ変身で


きた。なので子供達からは不評であったらしい。

 

序盤は製作側の意向でわりかし人間的ドラマ感が強かったところ、やはり視聴率が

 

振るわず、中盤より子供受け狙いで宇宙怪獣をどんどん登場させ、セブンからウルトラ

 

ブレスレットという万能武器を与えられてから視聴率も回復してきた。

 

(ここでセブンを登場させたことによってウルトラマン、ウルトラセブン達と兄弟で同じ世界

 

観にあったという設定になった。)

 

なにしろ「帰ってきたウルトラマン」は歴代のウルトラシリーズ中、なんだか地味な印象は

 

ぬぐえない。いやいや怪獣と戦ったり、変身すべきところでしなかったり。。。

 

なにしろスーツデザインが手抜きですよねー。ただ細い線を追加してるだけだし、ス


ーツアクターさんには悪いですがプロポーションがもろ日本人!


初代ウルトラマンは初代だけにA~Cタイプまでマスクがあったりして、スペシュウム


光線を出すポーズもちょっと猫背気味(あくまで宇宙人の設定なので演出で猫背に


したらしいです。)でかっこよかったですが、帰りマンは直立気味だし。。。


けども、「怪獣使いと少年」とか非常に深いドラマも多く作られているんです。


そして、なぜにウルトラマンジャックという名になったのか。


それまでは前記の通り、色々な呼び名で定まらなかったところ1984

 

年の映画「ウルトラマンZOFFY ウルトラ戦士vs大怪獣軍団」で歴代

 

のウルトラ戦士の呼び名付けする際にウルトラマンジャックと公式

 

定めたのだ。ジャックと名付けたのは円谷皐で本当はウルトラマン

 

タロウの没名称であり、のちにウルトラの父の兄もジャックであるこ

 

とが解かった。

 

まーなにしろ、ウルトラマンジャックと聞いて?? と思ってもイイんで

 

す。現在、正式にはウルトラ兄弟4男はジャックになってますが

 

「新マン」でも「帰りマン」でも「ウルトラマンII世」でもいいじゃない

 

か!いいと思う。いいでいいよね? 笑

 

おじさんの独り言でした

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    タロス (土曜日, 13 10月 2018 16:29)

    帰ってきたウルトラマンて、未だにファンの間では帰マンやジャック等様々な名前で呼ばれてますが、何故放映当時にハッキリとした名称を付けなかったんですか?最初の構想では初代ウルトラマンが帰ってくるという設定だったそうですが、実際は初代ウルトラマンとは別人として制作されたのだから、放映開始前にしっかりとした名前を付けないとおかしいと思うんですけど…
    自分は平成世代なのでジャックの方がしっくりきますが、帰マンや新マンはウルトラマン個人の名前として相応しいのかなぁ…? 他のウルトラマンにはセブンやエースとか格好いい名前があるのに…
    自分がもしリアルタイムで試聴していたら、帰マンや新マンとかの名前じゃなくて、初代ウルトラマンとは別人ならハッキリとした名前を教えてくれよ! と疑問を制作者にぶつけていたと思います
    でもジャックという名前は放映終了後かなりたってから決まったことから、当時の制作者や試聴者は帰マンや新マンという名前でも、特に疑問を感じなかったてことですよね?
    どうしてベムスターやナックル星人とブラックキングの時に帰ってきたウルトラマン(後のウルトラマンジャック)の名前が付かなかったのですか?
    こんな質問ですが、回答よろしくお願いします
    因みに帰ってきたウルトラマンがウルトラマンジャックに命名されたのが1984年の映画「 ウルトラマンZOFFY ウルトラマンの戦士VS大怪獣軍団」です