BLACK or WHITE

自分には人種差別についての事を語るまでの知識や偉そうに言っ


たりする権利は無いのだが、非常に心に引っかかる事例なのでこ


の場をお借りして皆様にもと思い書いてみます。


今年8月、アメリカ ミズーリ州ファガーソンで起きた白人警察官ダレ


ン・ウィルソンによる丸腰だった黒人青年マイケル・ブラウンの射殺


事件。色々、情報は交錯しているが警察官は正面より17発うち6発


が命中頭に2発も撃ち込まれていたそうだ。


警察官の主張だと黒人青年が先に3発撃ってきたからだと言ってい


るが、黒人青年の両親によると銃は持っていなかったと語る。


それにしても警察官の17発というのはいかがなものなのか?


それにより、地元黒人達が人種差別だと主張し大規模なデモ


「抵抗の週末」と言う名の暴動を敢行し軍が仕向けられるほどの規

                                          模となり、50人以上の逮捕者が出た事は記憶に新しいです。

しかし、ここにきて早くて来週にも白人警察官の起訴を判断する


大陪審が開かれる事で、不起訴だった場合は前回の規模以上


に暴動が起きるのは必至です。


人口2万1000人のファガーソンの人口のうち63%が黒人で


地元警察職員は90%以上が白人であるという事実。


いやがおうにも、1992年に同じくアメリカ ロサンジェルスで起き


たロドニー・キング事件を発端で始まったLA暴動を思い起こし


ます。4000人もの軍隊員が投入され鎮圧させられた。

常に根底では差別が蔓延しているのが、豊かな国と世界的に思わ


せているアメリカの隠された素顔なのである。


この不起訴だった場合の暴動の黒人からの自衛のために、白人達


は地元銃砲店に殺到しており、1日に30丁~50丁拳銃が売れてい


る。先週だけで売れ筋のSmith&Wesson M&P9という機種だけで


250丁売ったという凄まじさ。このおぞましいほどの敵に対する銃依


存。気持ち悪くなるほどです。

とは言ってもアメリカ批判をしようとは毛頭ありませんので。


「自己防衛が ギャングや団体、国と国との深い悲しみを生んでる 

 

人間世界でそれは縄張り争い 世界的規模の

 

互いのくだらない主張を聞いてみな

 

ほら、原因は人種じゃなく 地位やプライドの問題だろ

 

生まれや育ちで生き方を決めて 人生をつまらなくしてるのさ

 

俺は肌の色で人生を決めるつもりはない

僕に賛成だなんて言えるのかい 

 

君は僕の目に泥を蹴り上げてるじゃないか

 

彼女の肌の色を気にしてるかもしれないけど気にしなくていいさ

 

ブラックかホワイトかなんて

君が僕の恋人になりたいと思ってるなら関係ないさ

 

ブラックかホワイトかなんて」 すてぃまろさんの訳詩より一部抜粋


BLACK or WHITE   肌の色は関係無いとマイケルも言ってます。

 

しかし、差別は根深い。。。  MICHAEL JACKSON GOODS