仁義なき戦いTシャツ「広島死闘篇」(大友セリフ)

仁義なき戦いシリーズの中でも2作目「広島死闘篇」のみの登場にも関わらず登場人物の中でも最も強烈な印象を残した人気キャラクター、千葉真一版「大友勝利」!

セリフ人気投票でも必ず上位に入る大友勝利の言霊の数々をちりばめた大胆デザインです!

危なすぎるところは相応に処理していますので勇気を持って着てほしいです!

 

1973年(昭和48年)1月13日に東映配給網により正月映画第2弾として公開されたヤクザ映画。

この映画が登場するまでのヤクザ映画の多くはいわゆる、虚構性の強い任侠映画が主流だったが、本作品では実在のヤクザ構想を実録路線としてリアリティを追及。

本作に出てくるヤクザの大半は金にがめつく、弱者に強い社会悪としての姿が大いに描かれており、仁侠映画のようにヤクザを美化することはない。

そのあまりにも過激な内容は日本だけではとどまらず、世界中にも強い印象を残した「仁義なき戦い」。

 

[Size(cm)]

 

       着丈 / 身幅 / 肩幅 / 袖丈

[S]     65/    49/     42/    19

[M]    69/    52/     46/    20

[L]     73/    55/     50/    22

[XL]   77/    58/     54/    24

 

 

¥3,800

  • 在庫切れ

仁義なき戦い 名セリフ Tシャツ(そがな昔)

シリーズ1作目終盤、若杉寛(梅宮辰夫)を罠にはめた事を問い詰められた山守組長(金子信雄)が広能昌三(菅原文太)に返したセリフ。

都合が悪くなった時に便利な一言。

初公開から今年で41年。左袖には40周年記念のネーム付きです。

 

1973年(昭和48年)1月13日に東映配給網により正月映画第2弾として公開されたヤクザ映画。

この映画が登場するまでのヤクザ映画の多くはいわゆる、虚構性の強い任侠映画が主流だったが、本作品では実在のヤクザ構想を実録路線としてリアリティを追及。

本作に出てくるヤクザの大半は金にがめつく、弱者に強い社会悪としての姿が大いに描かれており、仁侠映画のようにヤクザを美化することはない。

そのあまりにも過激な内容は日本だけではとどまらず、世界中にも強い印象を残した「仁義なき戦い」。

 

[Size(cm)]

 

       着丈 / 身幅 / 肩幅 / 袖丈

[S]     65/    49/     42/    19

[M]    69/    52/     46/    20

[L]     73/    55/     50/    22

[XL]   77/    58/     54/    24

 

¥3,800

  • 在庫切れ