黒澤 明(くろさわ あきら、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督、脚本家である。

妻は女優の矢口陽子。

映画史の中で最も重要かつ影響力のある映画監督であり、ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、『羅生門』『生きる』『七人の侍』など30本の監督作品を生み出した。

小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らと共に世界的にその名が知られており、作品もアカデミー賞と世界三大映画祭(ヴェネツィア、カンヌ、ベルリン)で受賞された。

また、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラ、北野武などの映画人にも大きな影響を与えており、日本では「世界のクロサワ」と呼ばれた。

映画監督として初めて文化勲章受章、文化功労者顕彰、東京都名誉都民選出、贈従三位(没時叙位)、贈国民栄誉賞(没後追贈)。

1990年に日本人初のアカデミー名誉賞を受賞。

1999年には米週刊誌『タイム』アジア版の「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」に選出されている。

米国映画芸術科学アカデミー会員。

黒澤明 Poster Cards ポスターカード全30作品 官製ハガキ(50円未使用)1999年

 

世界のクロサワ全30作品の官製ハガキ(ケース入り、解説書付き)です。

 

沖縄郵政管理事務局・東京郵政局が発行した黒澤監督の30作品ポスターを印刷した官製ハガキ。

ケースに30枚の絵葉書とカードの説明冊子(32ページ)がセット。

※官製はがきの部分は50円スタンプとなっております。

50円分の送料は含まれているので差額の切手を貼れば郵送できます!

 

それを考えればこの値段は納得♪

¥4,500

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1