水木しげるマンガ

水木 しげる(みずき しげる、男性、1922年[1]3月8日 - )は、日本漫画家

旭日小綬章受勲者、文化功労者

本名は武良 茂(むら しげる)。

大阪府大阪市住吉区出生[2][3]鳥取県境港市入船町出身[2][4]東京都調布市在住。ペンネームは、紙芝居作家時代に経営していたアパート「水木荘」から名付けた。

1958年に漫画家としてデビュー。

代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。

水木しげるの妖怪Tシャツ(バックベアード)

西洋妖怪の総大将。たいてい夕方近くに現われ、ぼんやりしている人がいると睨みつける。

睨まれた者は途端に目眩を感じ、ビルなどにいればたちまち落ちてしまう。

 

1966年の『週刊少年マガジン』掲載の水木しげるの漫画『墓場の鬼太郎』「妖怪大戦争」の回で西洋妖怪の総大将として描かれ

以後、水木の多数の雑誌掲載や原作漫画およびアニメに登場し有名になった。

また、設定も変化していき、『週刊少年マガジン』の巻頭口絵『世界の大妖怪』(1966年)では

漫画『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターとは別に、目を見ると失明する妖怪として描かれた。

また、水木による伝承の妖怪を解説した書籍『東西妖怪図絵』(1975年)では外国の妖怪として紹介され

「睨みつけて目眩を起こす妖怪」「光化学スモッグのようなものが正体」として描かれ

以降の水木の妖怪関連の書籍は『東西妖怪図絵』の絵や説明を基準にしている場合が多い。

 

サイズ 着丈 肩幅 身幅 袖丈
S 62.5cm 41cm 47cm 19cm
M 65.5cm 43.5cm 50cm 20cm
L 68.5cm 45cm 53cm 21.5cm
XL 71.5cm 46cm 57cm 22.5cm

Material:Cotton100%

 

Copyright©水木プロ

 

¥4,800

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

目玉おやじ Tシャツ

ゲゲゲの鬼太郎に出てくる人気キャラ、目玉おやじ。

不治の病である「溶ける病」を患い、病死。

鬼太郎を案じて自らの遺体の眼球に魂を宿らせて生き返った。

カラー:ブラック

サイズ 着丈 身幅 裄丈
S 62.5cm 47cm 54cm
M 65.5cm 50cm 55cm
L 68.5cm 53cm 56cm
XL 71.5cm 57cm 57.5cm

Material:
Cotton100%

¥5,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1