Dr.スランプ』(Dr. Slump、ドクタースランプ)は、鳥山明による日本漫画作品、および本作に登場する則巻千兵衛のニックネーム

週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1980年5・6合併号から1984年39号まで連載された。

ペンギン村に住む発明家、則巻千兵衛が作った女の子タイプの人間型ロボット(アンドロイド)、則巻アラレのハチャメチャな日常を描いたギャグ漫画

基本は一話完結型だが、複数回に渡って続く時(千兵衛とみどりの新婚旅行や、運動会の話など)もある。

当初は則巻千兵衛を主人公として毎回発明品で失敗する、という方向性のストーリーであったが、担当編集者の鳥嶋和彦の強い主張により、アラレを主人公に据えて展開された。