オーティス・レイ・レディング・ジュニア(Otis Ray Redding Jr.、1941年9月9日 - 1967年12月10日)は、アメリカミュージシャン

独特の歌唱法でソウルに多大な影響を与えた。

1960年代初頭にジョニー・ジェンキンズのパイントッパーズで音楽活動を始め、ソロ・シンガーとして契約後1962年に「These Arms of Mine」を発表(R&Bのチャートで最高位20位、Billboard Hot 100で85位[3]と人気を博す)、この歌をきっかけに1964年スタックス傘下のヴォルトからアルバム『Pain in My Heart』を発表、アメリカ国内でアトランティック・レコードのもとで全国流通を果たす。同年、ブッカー・T&ザ・MG'sスティーヴ・クロッパーと共同制作した「Mr. Pitiful」は、R&Bシングル・チャートで最高位10位、Billboard Hot 100で41位となるヒットとなった

生前のシングルレコードで最も評判を呼んだのは、ジェリー・バトラーとの「I've Been Loving You Too Long」で、R&Bのシングル・チャートで2位を記録して彼のキャリアの中で最も高い評価を得る作品となり、続く「Respect」(後にアレサ・フランクリンによるカヴァーが大ヒットする)はR&Bチャートで4位を記録した

その後、「I Can't Turn You Loose」、「(I Can't Get No) Satisfaction」(ローリング・ストーンズカバー)といった曲がヒットして、古いラブ・ソングをリサイクルした「Try a Little Tenderness」は、1966年の代表曲となった。

そして、1967年モントレー・ポップ・フェスティバルに出演して評価を得た。

オーティス・レディング Tシャツ

再入荷です。

独特の歌唱法でソウルに多大な影響を与えたオーティス・レディングのTシャツ。

これはアメリカからの平行輸入品です。もちろん、オフィシャルもんですよー!

 

◎Tシャツは特別表記のないものに関しましては、基本コットン100%です。

 

◎サイズM:着丈約68~70cm身幅約50~51cm
 サイズL:着丈約70~72cm身幅約53~55cm

¥3,700

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1