ジェニファー・リン・コネリー(Jennifer Lynn Connelly、1970年12月12日 - )は、アメリカ合衆国の女優。

ニューヨーク州出身。

当時、父親のジェラルド・コネリーはジュニア向けのファッションデザイナー、母親のアイリーン・コネリーはアンティーク品のディーラーをしていた。

母方の祖父母からはロシア人、ユダヤ人およびポーランド人の、父方の祖父母からはアイルランド人およびノルウェー人の血を引いている。英語の他に仏語・伊語に堪能。

学業と仕事のバランスを取りながらイェール大学で2年間にわたって英語学と演劇学を学んだ後、スタンフォード大学に転入して古典演劇と即興演劇を学んだが、卒業するには至らなかった。

 

両親の友人の勧めでモデルになる。

コマーシャルや雑誌の仕事を経て、1982年にテレビドラマ『Tales of the Unexpected』の「The Girl」の回に出演して女優デビュー。

そして1984年に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』でヒロインの子供時代役を得て映画デビューを飾った。

1985年の『フェノミナ』で特に日本ではポストブルック・シールズとして注目され、数社のコマーシャルに起用、日本語でのレコード発売、映画雑誌の表紙を飾るなどしてアイドル的な人気を得た。

その後はやや低迷し、『ホット・スポット』を皮切りに計7つの映画でヌードを披露した。

 

2000年の『レクイエム・フォー・ドリーム』の演技が評判を呼び、インディペンデント・スピリット賞助演女優賞にノミネートされた。

ついで2001年公開の『ビューティフル・マインド』でアカデミー助演女優賞・ゴールデングローブ賞 助演女優賞・英国アカデミー賞 助演女優賞 ・第7回放送映画批評家協会賞 助演女優賞・アメリカ映画協会賞年間最優秀女優賞を獲得し、演技派女優として認められるようになる。2005年には『仄暗い水の底から』のリメイク『ダーク・ウォーター』に主演。

俳優以外の活動では、バレンシアガやレブロンの広告塔を務めている。2005年にアムネスティ・インターナショナルUSAの人権教育大使に任命される。 ピープル誌などの「世界で最も美しい50人」に選ばれたこともある。

『ジェニファーの恋愛同盟』(SEVEN MINUTES IN HEAVEN) 劇場版ポスター (1986年)

1984年の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』そして1985年の『フェノミナ』で

完全に日本でもアイドルスターの座を不動のものとしたジェニファーの3作目の映画。

 

ハッキリ言って内容はどうでもよく(僕も見たけどよく覚えてない・笑)ジェニファーが見たい!

と言う人のための映画だった気がする。1作目と2作目いい映画すぎたので(この後ラビリンスに続く)

ここでちょっと休憩という感じか。(個人の感想ですww)

 

ポスターの状態はいいです。折れやキズ、経年のスレなどもほとんどない美品です。

2柄あります。

 

サイズ:約52cm x 72cm

 

 

世界一美しい少女(当時)ジェニファー・コネリーの青春映画。

末は大統領になることを夢見るナタリー(コネリー)と友人たちが、恋を模索する姿を描く。

清楚なコネリーが唯一この作品の魅力。原題は、アメリカに古くからある言い回しで、異性に心ときめく時の気持ちを表したもの。

都内は「上海サプライズ」と二本立てで、二週間上映。

¥1,800

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1